ディーラーと中古車販売店ではどうして買取価格が違うの?

>

買取価格にも違いがあります

ディーラーで買取をしてもらう場合

ディーラーでは基本的に車の買取というのは、それが下取りの場合です。新しい車をそのディーラーで購入する際の資金として、買い取ってもらうわけです。新しい車を購入するときには、それまで乗っていた車が不要となりますよね。なので車を購入する代わりに、古い車を買い取ってもらって、新しい車をその買取分引いてもらい安く購入するというものです。
ディーラーで買取をする場合、そのままそのお店で車を購入しますから、乗り換えまでも非常にスムーズに進むことが多いです。売る手間と購入する手間が一気に片付きますので、もしも購入したい車があり、下取りとして車を売りたいと考えている方はディーラーへ持って行くのが良いかもしれませんね。

中古車販売店で買取をしてもらう場合

では中古車販売店の場合はどうでしょうか?こちらは下取りではなく、純粋に買取のみ行っていますので、車をもう手放したいという方は中古車販売店で買い取ってもらうのが良いでしょう。
中古車販売店ではディーラーと違い買取価格が高い傾向があります。
同じ車でもディーラーへ持って行った場合と中古車販売店とでは5万円から40万円ほどの差があったりします。これはなぜでしょうか?
ディーラーはあくまで車を売るために、古い車を下取りで買い取ってくれるのですが、中古車販売店は中古車を売るのが業務ですから、状態の良い中古車であれば売って欲しいと考えるわけです。中にはディーラーが下取りした車をさらに買い取る中古車販売店もあります。もし少しでも高い金額で買取をしてほしい、と考える場合は中古車販売店の方がおすすめです。


この記事をシェアする