車を売ろうと考えたら

ディーラーと中古車販売店はどちらも車を売るお店です。車に乗る人であれば、どちらも一度は耳にしたことがありますよね。でもその違いについてご存知ですか?ディーラーイコール新車を売っているお店、とイメージするかもしれませんが、実はちょっと違うんです。

買取価格にも違いがあります

ディーラーと中古車販売店では同じ車を買い取ってもらう場合に、買取価格にも実は違いがあります。これはディーラーと中古車販売店の主とする業務内容の違いが理由となります。 一般的にはディーラーよりも中古車販売店の方が買取価格が高くなっています。これはどうしてなのでしょうか?

オプションを色々つけている場合でも同じように買取してくれる?

車にはいろいろなパーツがあり、それを自分好みにカスタムすることができます。内装や外装、その人のこだわりが発揮されます。けれども、車を売るという場合、その人の好みにカスタムされたものはきちんと買取をしてもらえるのでしょうか? また買取に際し、査定見積もりをしてもらうお店は一つでいいのでしょうか?

ディーラーと中古車販売店の違い

車を売りたいと考えるとき、それにはいろいろな理由があると思います。
「もう車に乗ることがなくなったから」「車検前に買い替えたいから」「燃費も悪くなっているし、新しいものに変えたいから」など、理由はその人によりさまざまです。
では車を売る方法というのは、どのようなものがあるのでしょうか?
(1)ネットなどの一括査定を行い、高い見積額を出してくれたところに売る、(2)ディーラーで下取りに出す、(3)中古車販売店で売る、(4)業者を通さず個人で売買する、という方法が大半です。
では何が一番いいのか、という点に関してですが、これについては『そのときどうしたいのかによる』のです。
例えばとにかく手放したい、というのであれば買取価格ではなく、車を引き取ってくれるところを見つけることが一番のニーズです。高く売ってお金にしたい、というのであれば車そのものに高値を付けてくれるところが一番です。
ちなみに私は過去(2)ディーラーに売る、という方法で車を売却しました。もともと新しい車に買い替えようと思っていたところでしたので、それまで乗っていた車を売る必要があったんです。(4)の個人売買も相手がいれば、問題ないかもしれませんが、トラブルが起こったときに当事者同士で解決しなければならないので注意が必要ですよ。
今回はディーラーと中古車販売店に絞って、どちらが高く買い取りをしてくれるのかということについてまとめてみました。